もっとハードルを低くして「花椒」を使い切りたい。たとえば「たたききゅうりの花椒マリネ」とか【エダジュン】

f:id:edajun:20191015135921j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は「花椒」を使ったお手軽シビレ料理をご紹介します。花椒は香り高く、味をしっかりと決めてくれるので、味がぼやけずに、料理にメリハリを与えてくれます。もちろん、麻婆豆腐なんかを作るとものすごく美味しくなるのですが、もっと気軽に、ふだんの料理にプラスするのもおすすめ。

たとえば、きゅうりと塩昆布の簡単マリネに入れると、一気にお店の冷菜に変身しますよ。

 

エダジュン「たたききゅうりの花椒マリネ」

【材料】(作りやすい量)

  • きゅうり 2本
  • 塩昆布、しょうゆ 各大さじ1
  • 白いりごま、花椒(ホールタイプ) 各小さじ1
  • にんにく(みじん切り) 1片(6g)
  • ごま油 小さじ2 

 

作り方

f:id:edajun:20191015140112j:plain

1. きゅうりは端を切り落として縦半分に切ったら、包丁の背で叩いて潰し、

 

f:id:edajun:20191015140117j:plain

種をスプーンで取り、食べやすい大きさに手で割ります。

きゅうりの種付近には水分が多く含まれているので、調味液が薄まらないよう取り除きます。このひと手間でたたききゅうりはぐんと美味しくなります。

 

f:id:edajun:20191015140013j:plain

2. 花椒を挽く。ミルがあれば、そのまま保管もできて、使いたい時に削れるので便利。

 

f:id:edajun:20191015140006j:plain

ビニール袋などに入れて、めん棒などで叩くのもOK。

花椒が細かくなるまで叩くと、きゅうりと絡みやすくなって美味しいです。今回はビニール袋に入れて叩いた花椒を使いました。

 

f:id:edajun:20191015140014j:plain

3. ボウルに1のきゅうり、塩昆布、しょうゆ、いりごま、にんにく、ごま油を入れ、

 

f:id:edajun:20191015140021j:plain

2の花椒も加え、

 

f:id:edajun:20191015140027j:plain

よく混ぜれば完成。

 

花椒を入れるだけで、お店の味に大変身!

f:id:edajun:20191015135934j:plain

きゅうりは種を取ることで味が薄まらず、花椒のシビレもしっかり味わえます。もう一品欲しい時や、家にあるもので飲みたい時にぴったりです。

 

f:id:edajun:20191015140248j:plain

いつものラーメンやスープにふりかけたり、餃子のタレに混ぜたりしても美味しい花椒。ぜひいろいろな料理に使ってみてください。特に、自分でホールを挽いて使うと香りが違いますよ。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『アジア料理をカレーにしたら?』(文化出版局)。2019年10月発売の最新刊『毎日食べたい! お粥ごはん』は、炊いたご飯から作る、具だくさん「ごちそうがゆ」のレシピ集。身近でシンプルな食材を使った、和、洋、中、エスニックなどのバリエーション豊かな味付けと、お粥に合うトッピングを便利な1人分のレシピで掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る