甲府エリアのグルメキーワードは「この料理に合うワインください!」 ~名店巡礼 甲府エリア編~【タベアルキスト】

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。
名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

 

~名店巡礼 甲府エリア編~

今回の巡礼先は山梨県の「甲府エリア」を選びました。

甲府といえば、B-1グランプリでゴールドグランプリに輝いた、甲府鶏もつ煮を筆頭に、桃やぶどうなどの果実、お土産の定番信玄餅など、グルメの充実したエリアです。

そしてなんといっても、日本屈指のワイン名醸地!

我々はワインと料理の相性「マリアージュ」をテーマに、新旧和洋を問わず、ワインと相性の良さそうなグルメをリサーチ。こだわりの5軒が出そろいました。

ワインに詳しいタベアルキストとともに、美酒美食の旅スタートです!

 

1軒目:皆吉(みなき) 逸品:特製皆吉ほうとう

爽やかな五月晴れのある日、私たちタベアルキストは一路ぶどうの郷へ。

南アルプスの山々を望む町の中を駆け抜けると、さすがワインの町! そこかしこにぶどうの木や畑が……。嫌が応にも期待が膨らんできます。

f:id:tabearukist:20160613105245j:plain

さて今回の旅の始まり1軒目は、築130年 けやき造りの古民家を使った風情ある佇まいの「皆吉」から。甲府の郷土料理で評判の「ほうとう」のお店です。建物の素晴らしさもさることながら、庭の植栽も見事! 旧家のお屋敷にお邪魔したかのような不思議な感覚に包まれます。

 

f:id:tabearukist:20160613002159j:plain

こちらでは「ほうとう」と「ワイン」のマリアージュを楽しみます。意外な組み合わせと思われそうですが、味噌ベースのほうとうとワイン、発酵食品同士の相性は抜群なはず。

 

f:id:tabearukist:20160613000026j:plain

▲特製皆吉ほうとう(1,998円)

 

注文してから待つこと30分、じっくり煮込まれた「特製ほうとう」が熱々の鉄鍋でやってきました! 甲州天空かぼちゃ、大塚長人参、白菜等の地野菜、しめじ、鶏肉、そして豚肉と具材がたっぷり! 米と麦麹を使って2年熟成させたという自家製味噌と出汁がしっかりとした輪郭のコクを生み出しています。太めのムッチリしたうどんにはコシが残り、野菜類が煮溶けすぎないスープは全体的にやや洗練された印象。いくらでも食べられそうな、あっさりめの体にやさしい「ほうとう」です。

 

f:id:tabearukist:20160613000241j:plain

こちらの「ほうとう」には「アルガブランカ クラレーザ ディスティンタメンテ」を。限りなく透明なアルガの白という名前を持つ勝沼の白ワインを合わせました。ぶどう品種は甲州。味噌・醤油とも相性が良いというこのワイン。あっさりした辛めの飲み口はそのままだと軽く酸が立つ程度で主張し過ぎないタイプ。しかし、「ほうとう」の汁と絡んだ瞬間にふわりと口の中で広がっていく見事なマリアージュをみせました。これは和食に合わせやすいワインですね!

 

f:id:tabearukist:20160613000431j:plain

座敷から見える庭から柔らかな光と風が通り抜け、やさしい「ほうとう」の味と軽やかな白ワインのアルコール、非日常的空間に身も心もゆっくりといやされる「皆吉」。「ほうとう」、「ワイン」、そして空間までもがマリアージュする素敵なお店でした。

 

f:id:tabearukist:20160613000739j:plain

▲アルガブランカ クラレーザ  ディスティンタメンテ 2014(ハーフボトル)1,360円

 

この後どんな素敵なワイン、食に出会えるか楽しみになってきました。

 

お店情報

皆吉

住所:山梨県甲州市勝沼町等々力1372
電話番号:0553-44-0004
営業時間:11:00~18:00 ※品切れ次第終了
定休日:水曜日、第3火曜日
ウェブサイト:http://www.minaki.jp/


執筆者:Satovi Yoshida

 

2軒目:御食事処 歩成 本店 逸品:馬刺

皆吉から車で15分ほど走って、中央本線の山梨市駅まで来ます。
駅前とはいえ、のんびりしたスローな雰囲気が漂います。

f:id:tabearukist:20160615083610j:plain

2軒目に訪れたのが、駅からわずか3分ほどのところにある「御食事処 歩成 本店」
ちょうど食事時ということもあり、地元のお客さんで賑わっていました。
こちらは「昇仙峡ほうとう味比べ真剣勝負」で三年連続1位に選ばれた黄金ほうとうが有名なお店ではありますが、今回は甲州名物の馬刺をワインと合わせていただきます。

 

f:id:tabearukist:20160615083918j:plain

▲馬刺(600円)

 

こちらの馬刺はサシのない赤身が特徴。肉の赤みが美しいですね。
まずは何も付けずにいただいてみます。あっさりとして全くクセのない、淡白な味わい。
どうやら山梨は、このクセのない赤身の馬刺が一般的とのこと。
馬肉独特の味に抵抗がある方でもペロッといただけそう。

 

f:id:tabearukist:20160615084229j:plain

▲KIZAN 2013 ボトル(3,000円) 

 

こちらにはKIZANの赤を合わせます。
ブラッククィーン100%の渋みと酸味のバランスが優れた、軽めなミディアムボディーのワインといったところ。
にんにくやしょうがといった薬味と共に醤油でいただくと、軽い酸味とほどよくマッチ。なかなかの相性です。

こちらは常時30種類近い山梨産のワインを取り揃えているとか。
常連の方からの「どこどこのワインを置いて!」という声に応えてきた結果、こんなラインナップになったとか。
山梨市駅前で山梨産のワインをいただくなら、間違いなくこちらのお店ですね。

 

お店情報

御食事処 歩成 本店

住所:山梨山梨市上神内川1234
電話番号:0553-23-0253
営業時間:火曜日~金曜日/11:30~14:00、17:00~24:00 土曜日・日曜日・祝日/11:30~24:00
定休日:月曜日(※祝日の場合は翌平日)
ウェブサイト:http://www.funari.jp/


執筆者:Gaku Arai

 

3軒目:トラットリア ジラソーレ 逸品:甲斐サーモンのカルパッチョ

f:id:tabearukist:20160613101448j:plain

3軒目に訪れたのは、イタリアンの「トラットリア ジラソーレ」。

少しJR甲府駅から外れた立地にもかかわらず、店内は大人な客層で満席です。地元の常連客といった印象。洗練されたシャープなインテリアとカラフルなお皿のディスプレイが可愛い。お店の入り口から南イタリアの空気感が漂います。

 

f:id:tabearukist:20160613004212j:plain

▲甲斐サーモンのカルパッチョ(1,000円)

 

今回の旅で食べてみたかった甲府の地元素材、甲斐サーモン。こちらをカルパッチョでいただきます。甲斐サーモンとは1キロ以上の大型のニジマスのこと。地元の養殖業者さんに大事に育てられた生食用の淡水魚です。赤ワイン用のぶどう果皮を餌としているとのこと。さてさて甲斐サーモンのお味は?

 

アスパラガスやブロッコリー、フルーツトマトやオレンジなどの爽やかな春野菜に彩られ、オリーブオイルと程よい酸味のビネガー、そしてバジルソースとピンクペッパーをアクセントに添えた鮮やかなピンク色の「甲斐サーモンのカルパッチョ」。盛り付けも美しい一品です。


脂の乗った柔らかな甲斐サーモンの身は口の中でトロリほぐれていく、まさにサーモンの食感。ニジマスの印象は全くありません。フルーツとビネガーの酸味が脂の甘さを引き立てます。

 

f:id:tabearukist:20160613005049j:plain

こちらに合わせたのはキリリと冷えた甲州100%の辛口の白「ルバイヤート甲州 シュール・リー」、日本の食に合うワインをテーマに醸造されたもの。


少し緑がかったレモンイエローの色味をしています。キレのある酸味、フレッシュな香りそしてやや厚みを感じる果実味。バランスのとれた素晴らしいワインです。お店の提供状態も良く生き生きとした美味しさを味わえました。そしてもちろん甲斐サーモンとの相性はバツグン! 脂の乗った甲斐サーモンの身の味わいもシャープな後味で仕上げてくれました。

 

f:id:tabearukist:20160613102421j:plain

▲左:ルバイヤート甲州 シュール・リー 2014  グラス(600円)、右:奥野田ロッソ 2014  グラス(600円)

 

厨房がガラス張りでシェフの本気と温か味が伝わってくる、アットホームなトラットリア。サザエやホタルイカのパスタなど魚介素材のオリジナリティあふれるメニューも多く、またゆっくりと再来訪してみたいと思うお店でした。

 

お店情報

トラットリア ジラソーレ

住所:山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1550 笹本ビル1F
電話番号:055-232-3355
営業時間:11:30~14:30、17:00~21:30 (要予約)
定休日:月曜日


執筆者:Satovi Yoshida

 

4軒目:フォーハーツカフェ 逸品:地野菜料理

ジラソーレから山梨県庁近くまで戻ります。県庁付近は大分都会的な印象。
そんな一角にこちらのお店がありました。

f:id:tabearukist:20160615034138j:plain

4軒目に訪れたのは「フォーハーツカフェ」。
こちらは「ワインツーリズムやまなし」の元となる会を開催したお店とのことで、地元山梨のワインの品揃えも圧巻。セラーにぎっしりとワインが冷やされています。

 

「ワインツーリズムやまなし」も今や春と秋の開催で、県外からも多数の観光客を集めるイベントになりましたが、こちらのお店が発祥なんですね。今でこそ多くのお店が山梨産のワインを扱っていますが、当時はこちらのお店ぐらいしかなかったとのことです。ワイナリーとの信頼関係があるからこそ、この品ぞろえになっていることがよく分かります。

 

f:id:tabearukist:20160615033531j:plain

▲小松菜とベーコンのフェットチーネ(1,400円)

 

また、こちらでは日本一の日照時間を誇る山梨県明野の農家の方から仕入れた新鮮野菜がいただけます。
素材力を感じさせるシンプルな味付けで、野菜の美味しさをしっかりと堪能できます。こちらでいただいたのは、小松菜とベーコンのフェットチーネとかぶの丸焼き。

 

f:id:tabearukist:20160613095436j:plain

▲かぶの丸焼き 900円

 

特にかぶの美味しさが際立ちます。
オリーブオイルと岩塩というシンプルな味付け。外側を強めに炙っているが、絶妙な火入れで、中までは火が通りすぎておらず、シャクっとした気持ち良い歯応え。みずみずしさにあふれ、口の中にかぶそのものの旨みが広がります。

 

f:id:tabearukist:20160613100703j:plain

▲グレイス茅ケ岳 2014 グラス(600円)

 

こちらに合わせるのがグレイス茅ケ岳の白。甲州種100%のワインで、酸が多く感じられ、キリっとしたシャープな味わい。この心地よい酸がかぶの甘みを増幅させ、さらに旨みが広がります。


山梨県の食文化を支えるお店で地産地消のマリアージュをぜひ味わってみてください。

 

お店情報

フォーハーツカフェ

住所:山梨甲府市丸の内1-16-13ヤマサビル1F
電話番号:055-237-7793
営業時間: 火曜日~金曜日/18:00~23:00 LO 土曜日・日曜日/17:00~23:00 LO
定休日:月曜日


執筆者:Gaku Arai

 

5軒目:いけ田 逸品:甲州地鶏 手羽先

f:id:tabearukist:20160613103703j:plain

最後に訪れたのは甲府駅前の焼き鳥店「いけ田」
カウンター10席、小さなテーブル席1つのこじんまりとしたお店。

暖簾をくぐりカウンター席へ。夕方早めの時間帯にもかかわらず地元の常連らしきお客さんがすでにワイングラスを傾けている。居酒屋さん風のお店なのに皆ワインというのがこの土地ならではの風景です。

 

f:id:tabearukist:20160613095312j:plain

▲甲州地鶏 手羽先(313円)

 

さてお目当ての甲州地鶏、まずは手羽先をいただきます。
炭火で丁寧に焼かれた絶妙な火入れの手羽先は、表面にはこってりとした脂が乗っています。パリリとした皮にかぶりつくと次の瞬間にジュワ〜っとたっぷりの肉汁とキュッと引締った肉が……! 程よい歯ごたえの肉は脂の旨みも強い。これは旨い!!

 

f:id:tabearukist:20160613095728j:plain

うーん、これにはどんなワインを合わせようかと、10種類以上あるグラスで飲めるワインのリストを眺めていて目に留まったのが「シャトー・メルシャン山梨甲州」。

これだけ脂の旨味が強いと軽めの赤も良いが、しっかり系の白も肉の味を際立たせベストマッチなはず。

 

f:id:tabearukist:20160613095726j:plain

▲シャトー・メルシャン 山梨甲州 2014 グラス(756円)

 

期待通りの甲州100%「シャトー・メルシャン山梨甲州」。地鶏の脂に負けないしっかりとした旨味、厚みと豊かさが感じられる辛口の味わいは、肉の旨味をやさしく包み込むようにマリアージュ。最後に残る心地よい渋みと酸が爽やかに脂を流してくれました。

 

駅前に美味しい焼き鳥と状態の良いワインが常に110種類もグラスで飲めるお店があったら、毎日通ってしまいそうですね!

 

お店情報

いけ田

住所:山梨甲府市丸の内2-3-1
電話番号:055-223-5539
営業時間:月曜日~土曜日17:00~23:00(LO 22:30)
定休日:日曜日

 

執筆者:Satovi Yoshida

 

名店巡礼 甲府エリア編まとめ

今回の5軒のセレクトいかがでしたでしょうか。

今回の旅で一番びっくりしたことは、どこのお店に行っても、当たり前のようにワインリストが備えられていること。リストのコメントからお店のこだわりがビシビシ伝わってきて、ワインが「文化」として街に根付いているのを感じました。

 

銘柄が多すぎて選べないくらいなので、躊躇せず、お店の人に「この料理に合うワインを教えて!」と聞いてしまうのがよいと思います。

ポイントは、「おすすめのワイン」ではなく、「料理に合うワイン」を聞くこと。そうすることで、よりマリアージュが楽しめます。これが甲府をより楽しむグルメキーワード。

 

ボトルで頼んで、持て余してしまっても持ち帰りできるように、ワインボトル用の袋を準備してくれているお店も多いので、積極的にボトルでオーダーしてみてください!

 

次回は、蕎麦をこだわり始めたらきりがない!? 松本編です!

 

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:タベアルキスト

タベアルキスト

タベアルキストとは、「食べる幸せ、探す喜び」をモットーにした実名制の食べ歩きマニアのコミュニティ「Tabearukist Association」に所属する、年間300軒以上の外食をしているメンバーのことを「タベアルキスト」と言います。その一食、一食を、お腹も心も満たされる幸せな時間とするため、「一般人による一般人のためのグルメ検証」を旗印に、公正中立な立場から「食べる価値のある逸品」の情報を発信しています。

過去記事も読む

トップに戻る