「いきなりステーキ」の研修センター店に行ってみた【コスパ最高】

f:id:Meshi2_IB:20170216102733j:plain

つべこべ抜かすな! とにかくうまいステーキを食わせろ!

腹いっぱい、肉を食わせろ!!

 

そんなミートガイのためのお店、ご存じ「いきなり! ステーキ」。

立ち食いスタイルと圧倒的な安さでおいしいステーキを食べさせてくれるこの「いきなり! ステーキ」なんだけれども、実はさらにお得に極上ステーキを食べさせてくれる店舗があるのをみなさんご存じでしょうか?

 

今回はそんなお得情報を、最近ちょっと肉づいてる甘党無宿・局長の住倉カオスがジュッジューっとご紹介しよう!

f:id:Meshi2_IB:20170216102716j:plain

といわけでやって来ましたスカイツリーのお膝元、東武スカイツリーラインの「とうきょうスカイツリー駅」。

って、この街はどんだけスカイツリー押しなんだよ!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102717j:plain

とにかくスカイツリーのお膝元にある、とあるビル。

一見なんの変哲もないオフィスビルなんだけど、1階の案内板を見ると何やら気になる文字が。

 

4F 株式会社ペッパーフードサービス [ 本部 ]……

f:id:Meshi2_IB:20170216102719j:plain

これって「いきなり! ステーキ」本社じゃんか!

 

3Fを見ると「テストキッチン」なる文字が。あれ?  情報によると、この3Fにお得な「いきなり! ステーキ」があるはずでは!?

 

とにかく恐る恐るビルに入ると、ますますオフィスっぽい!

f:id:Meshi2_IB:20170216102718j:plain

果たしてこんな所にステーキ店なんてあるのか?

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102720j:plain

そんな不安を感じつつ、めっちゃ普通のエレベーターを3Fで降りると……

 

ありました!

僕らがよく知ってる「いきなり! ステーキ」が!

f:id:Meshi2_IB:20170216102757j:plain

 

そして、そこには「研修センター店」の文字が!

f:id:Meshi2_IB:20170216103404j:plain

そう、ここは社員さんの技術向上を目指して作られている研修店舗なんですね。

つまり、従業員さんが研修中のため、通常店舗よりお得な研修店価格となっているわけなんですよ!

いやぁ、ここでいきなり料金を説明しちゃおうかな。 

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102759j:plain

例えばリブロースステーキが通常の店舗なら1グラム6.5円のところ、研修センター店なら、なんと1グラム5円!(※ 価格は税抜き)

ヒレステーキなら通常1グラム8.5円が、研修センター店ならなんと7.5円!(※ 価格は税抜き)

 

これ、例えばリブロースステーキを400グラム頼んだとして、通常店舗が2,600円。研修センター店は2,000円になるってことよ!(※ 価格は税抜き)

逆に考えるとよ、3,000円出したら通常店舗だと461グラムのお肉が、研修センターなら600グラム食べられるってことなのよ!!(※ 価格は税抜き)

 

何これ! めちゃくちゃお得じゃん!!

 

つまり「従業員の方が研修中だから」ってだけでこんなにお得になるんですよ。

ホームページには「研修店舗につき、従業員の不手際はお許しくださいませ」なんて書いてあるけど、こんなにお得なら不手際なんて全然OKよ。

 

つうか、こんなお得においしいステーキが食べれるのもなんか申し訳ないから、むしろ不手際歓迎?

それで従業員の方が成長するなら、どんどん俺を踏み台にしてってくれて結構です。 

 

「いきなり! ステーキ 研修センター店」に突撃!

f:id:Meshi2_IB:20170216102756j:plain

案内していただけるのは株式会社ペッパーフードサービスの営業企画本部長・川野さんです。

せっかくなんで、「いきなり! ステーキの楽しみ方」も教えていただきたい!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102722j:plain

お店に入るとまずは通常通りの丁寧な接客。おお、研修感が全然ない、普通!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102723j:plain

メニューの説明もわかりやすいですね。 

 

ワイルドステーキもいいけど、今日はせっかくお得なんだから、自分でグラム数を決められるリイブロースかヒレにしたいところ。 

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102725j:plain

通常はカット場に番号札を持って切ってもらうんだけど、まだ迷っていると川野さんからアドバイスが。

 

「うま味が多いザ・ステーキみたいのが食べたいならリブロース。さっぱり食べたいならヒレをおすすめします」

 

なんでも「いきなり! ステーキ」では最初リブロースしか扱っていなかったそうなのだ。それがお客さんのリクエストでサーロイン(※ 研修センター店では扱っておりません)、そしてヒレも扱うようになったのだそうだ。

 

リブロースは、がっつりとした肉のうま味を求める人のためにアメリカ産。

ヒレは柔らかく、さっぱりしたオーストラリア産にこだわっているのだそう。

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102755j:plain

これがUSリブロースの勇姿だ!

 

ちなみにヒレはショートグレインという区分の肉。このショートグレイン、栄養たっぷりの牧草で育たれた赤身が多い牛に、程よく脂肪を増やすため短い期間穀物を与えて育てられた牛で、日本人好みの柔らかさもありつつ、ヘルシーな赤身が楽しめるのだというのだ。

 

いやぁ、これは迷っちゃうけど、今日はヒレにしてみよっかな。

ちょっと奮発して400グラム行っちゃおう! 

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102727j:plain

取り出されたヒレ肉は赤々としていかにも新鮮そう。でも川野さんは

「いやぁ、焼く前の肉はロースの方がカッコイイんですよ。ヒレは焼いた後の姿の方がカッコイイ!」

肉をカッコイイかどうかで語る人初めて見た。

この人、本当に肉が好きなんだな……

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102728j:plain

とにかく肉を切ってもらうと……420グラム。

お、20グラムオーバー。通常店だと誤差一桁グラムで切り分ける方もいるけど、まぁ全然OKです。むしろ多い分にはうれしい。

 

いやぁ、それにしてもでっかいカタマリ!

f:id:Meshi2_IB:20170216102729j:plain

日本人には長いこと霜降り信仰があって、国産牛なんかは霜降りが多いけど、赤身の方が肉っぽいって人も最近増えたよねぇ。

カオスはどっちも大好きだけど、今日は赤!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102730j:plain

手際よく肉に下味がつけられ……

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102733j:plain

いよいよ鉄板の上に!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102734j:plain

表面には強火で焼き色がつけられ、ふたをして中に熱を通してる!

 

それにしても変わった鉄板ですね?

f:id:Meshi2_IB:20170216102731j:plain

「これは中に溶岩と炭を入れて直火で焼いてるんです。こうすることによって遠赤外線効果があり、肉の香りが引き立ち、柔らかくなるんです。今回は相当厚みのあるヒレ肉なんで、ふたをすることでオーブンの効果をがあります」 

 

おお、肉によって焼き方も当然変わるんですね。

f:id:Meshi2_IB:20170216102735j:plain

なんか、めちゃくちゃうまそうな肉に育っていってるんですけど……。

 

「いきなり! ステーキ」と黒ウーロン茶をめぐるちょっとイイ話

そうだ! 肉を焼いている間にアレを頼まなければ。

f:id:Meshi2_IB:20170216102724j:plain

ここで取り出したのは……自前の肉マイレージカードのゴールドカード!

 

「いきなり! ステーキ」を利用したことのある方なら説明不要のこのカード。食べた肉のグラム数がマイレージになり、ポイントがたまるとカードの色がランクアップ。

カードに応じた特典が受けられるファン必携のカードだ。

 

ゴールドは2番目のランクのカード。早くプラチナやダイヤモンドになりたい!

しかしゴールドになっただけでも、

  • ランクアップ時に1,000円クーポンプレゼント
  • 誕生月にUSリブロース300グラムプレゼント
  • 来店のたびにソフトドリンク1杯無料

とかなりのお得。 

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102738j:plain

というわけで、お気に入りの黒烏龍茶をセレクト。

この黒烏龍茶、「いきなり! ステーキ」ファンの間では一時話題になったもの。というのも黒烏龍茶は他のソフトドリンクと違って、ペットボトルでの提供。コンビニなどでもこの黒烏龍茶はちょっとお高いし、他のドリンクより原価が高いことは素人でも容易に想像がつくこと。

 

企業としては当然コストカットしたい。「いきなり! ステーキ」も一度、ゴールドカードのソフトドリンクサービスから黒烏龍茶を外そうとしたことがあった。

しかし、それに対してファンからクレームがあり、ネットなどでも一時炎上しかけた。そして、それを聞いた「いきなり! ステーキ」は即座に撤回。

 

お客さんの声を聞き、即座に行動を移す神対応に、「いきなり! ステーキ」の評価は俄然上昇したのだ。

 

「メニューの値上げではクレームなんかきたことないのに、黒烏龍茶をなくした時は即クレームがきましたからね。ゴールド会員様としてのステータスの低下を招くようなイメージを与えかねないと社長一同判断しました」

と川野さんは当時を振り変えった。

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102739j:plain

それが今では、むしろ黒烏龍茶を推すように、ポスターにも写真が載っているというわけ。

 

他にも「いきなり! ステーキ」では、

f:id:Meshi2_IB:20170216102740j:plain

  • 市販の紙エプロンを、背の高いお客さんが立ち食いでも汚れないようオリジナルの紙エプロンを開発
  • 糖質制限している方のためにコーンをブロッコリーに変えられる

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102741j:plain

  • 切りにくいと言われ、全店のナイフを変更

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102737j:plain

  • 調味料に醤油やわさびなど、リクエストに応え種類を追加 

など、めちゃくちゃお客さんの声を聞いているのだ。

 

そんなにお客さんの声を聞いてて大丈夫なんですか?

「もちろん原価は上がっていきます。でもお客様においしく召し上がっていただくためですからね。ただなんでも聞くのではなく、コーヒーを置いて欲しいとかそういう要望は、うちはステーキ店なので譲れない一線にはこだわっています」

と川野さん。うお、なんかちょっとかっこいいぞ。

 

なんて話を聞いているうちに、いよいよお肉が焼きあがったようだ!

f:id:Meshi2_IB:20170216102743j:plain

うおおおお! めちゃくちゃうまそう。

川野さんの言う通り、めちゃくちゃヒレ肉がカッコイイ。

肉が立ってる!!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102744j:plain

これはまず肉のうま味を塩胡椒で楽しんでから……

と思っていたら、川野さんが

「ぜひ鉄板が熱いうちにホットソースをかけてください!」

と慌てて言ってきた。ちょっと戸惑っていると

「任せていただいてもよろしいですか?」

とおっしゃるので、お任せすると慣れた手つきでソースの入ったポッドを回して、肉の周りにたっぷりとソースをかけ回した!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102745j:plain

ジュジュジュジュジューーーーッ!!

と音がして、もうもうと蒸気を上げながらソースが鉄板にかけられた。

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102746j:plain

こ、これは……なんという光景!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102748j:plain

「さ、食べてみてください。これだけ大きい肉は真ん中からナイフを入れてください。肉の繊維に対して直角にナイフを入れると、その後は柔らかく切れますから」

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102749j:plain

そうアドバイスをいただき、ナイフを肉に入れると……柔らかい!

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102750j:plain

大きめに肉をカットして、

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102751j:plain

口に運ぶ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102752j:plain

う、う、うまい!!

 

うますぎて笑いがこみ上げてくる。なんという天国だこれはっ!

 

しかし、変だ。これでも一応ゴールド会員。

それなりに何度も「いきなり! ステーキ」には行っている。それなのに、なんでこの食べ方だとこんなにうまいのだ?

「うちのソースですが、実はそのままなめても全然おいしくないんです」

え!? どういうこと?

「うちの社長がこのソースは40年使っているんですが、ソースというのはそのまま食べるもんじゃない。それをかけた時に肉がうまくなるもの。しかもうちのソースはどろっとしていないんです。べちゃべちゃでそのままでは肉に弾かれてしまうんです。だから熱々の鉄板にかけて、その熱で肉に入っていかせるんです。だからちょっと薄めで、ジュッっと鉄板にかけることで味が出来上がるように設計されていんです」

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102754j:plain

な、何それ! ちょっと鳥肌立ったんですけど。

じゃあ「最初は塩胡椒で食べて、後半はソースで」という食べ方は……

「お客様のお好きなように食べていただいて良いので、普段はこんなうざいことは言いませんけどね。でも本当はそれはバツです」

え~っ!! 早く言ってよ!!

「だからテーブルに甘口のソースなんかもありますけど、ホットソースか甘口ソースかではなく、ホットソースで食べていて、途中で味の変化を楽しんでいただくために置いているんです」 

なんという……

俺は「いきなり! ステーキ」のことを何もわかっていなかった……

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102753j:plain

川野さん、でもでもマジでこの食べ方うまいです。

せっかく説明していただいていたのに、ずっと食べっぱなしですいません。

あんまりにも柔らかくて、うまくて、400グラムなんて瞬殺でした。 

 

f:id:Meshi2_IB:20170216102721j:plain

しかし、こんなにおいしいステーキがこんなにお得だなんて……

研修センター店、本当は秘密にしておきたいけど、超おすすめです。

肉ラブ、「いきなり! ステーキ」ラブの川野さん。おかげで僕も肉ラブ度が上がりました。

 

次はプラチナカード目指して頑張るぞ!!

 

お店情報

いきなり! ステーキ研修センター店

住所:東京都墨田区吾妻橋3-3-2 アドバンスビル3
電話番号:03-3829-3210
営業時間:月曜日〜金曜日のみ営業 11:3015:00(LO 15:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

ikinaristeak.com

※この記事は2017年2月の情報です。

 

書いた人:住倉カオス

住倉カオス

漢の甘味ユニット【甘党無宿】局長。血糖値高めながら、日夜陶酔の甘さを求め吹きすさぶ街を彷徨う。狼のように大胆に、時に子猫の下のように繊細に喰らう菓子はエスニックから和菓子まで。特にカステラや羊羹のような四角い和菓子に目がない。普段はカメラマン・超常現象研究家を生業にしている。バカがつくほどの愛犬家。

 

撮った人:長谷川正和

長谷川正和

甘党無宿メンバー。男性のハンドモデル(手タレ)として、テレビコマーシャルから広告、ファッション雑誌、再現VTR等に出演。美容ライターやフードライターを兼任。お腹の弱い多趣味なヘタレ。

 

 

【甘党無宿】

漢の甘味道探求ユニット。“甘いもの”は女子だけのものに非ず。脳を陶酔さす甘露の蜜は、激戦を戦い抜いた漢の休息にこそふさわしい…。男子と呼ぶにはちと使い古された、血糖値も体型も気になるおっさんが、退路を断ち切り至高の甘味をレポートする「漢のスイーツ徒然草」乞うご期待!!

過去記事も読む

トップに戻る