【遅夜おつまみ】切ってたたいて混ぜるだけ、なのにウマすぎ「エスニックたたききゅうり」

f:id:edajun:20171117153856j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

ささっとおいしくなって、ポリポリと食べ応えがあって、しかも安い。きゅうりは夏だけのものならず! というわけで、今日は、定番のおつまみレシピ、「たたききゅうり」をエスニックの味わいにしてご紹介したいと思います。

味付けに使うのは「食べるラー油」。ガーリックフライ、オニオンフライ、ごま油などが含まれているので、1本あるだけで万能調味料として活躍してくれますよ!

おいしくて、ものすごい簡単なので、冷蔵庫にきゅうりが残っていたらぜひ挑戦してもらいたいです。

 

エダジュンの「エスニックたたききゅうり」

【材料】(きゅうり2本分)

f:id:edajun:20171117153941j:plain

  • きゅうり 2本
  • パクチー 1株
  • 桜えび 大さじ2(5g)
  • 食べるラー油 大さじ1と1/2
  • 塩 少々

 

作り方

f:id:edajun:20171117154030j:plain

1. きゅうりはヘタを切り、まな板の上で転がしながら5回ほどすりこぎ棒などでたたき、食べやすいサイズに切る。

 

f:id:edajun:20171117154438j:plain

パクチーは茎と葉に分け、茎はみじん切り、葉は3cm幅に切る。

 

f:id:edajun:20171117154532j:plain

2. 保存袋にきゅうり、パクチー(茎)、桜えび、食べるラー油、塩を入れ、よくもみ込む。皿に盛りつけ、パクチー(葉)をそえる。

 

辛さと、桜えびの風味がお酒にピッタリ!

f:id:edajun:20171117154935j:plain

材料も少なく、簡単に作れるのがうれしいおつまみです。桜えびの風味とピリ辛の食べるラー油の相性もよく、パクチーのさっぱり感もアクセントになって◎です! 時間がある際は、冷蔵庫で20分以上漬け込むと味が染み込んでさらにおいしいです。少し濃い味がお好みの方は、ナンプラーやしょうゆなど足してくださいね。

こちらの切って混ぜるだけおつまみもぜひ!

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。パクチーレシピの数々を録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、和・洋・中・韓・エスニック・ポタージュと150品のスープレシピをまとめた『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150 』(誠文堂新光社)が好評発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年11月の情報です。

トップに戻る