なつかしの昭和玩具「ママレンジ」は、平成の現在でもちゃんと使えるのか【ガチで調理実験】

f:id:Meshi2_IB:20170406113654j:plain

セレブのオモチャだった

こんにちは、『メシ通』の埼玉部ほか、なつかし系玩具コレクターとしても活動している、ニポポです。

唐突ですが、

 

覚えていますか?「ママレンジ」

 

1969年、アサヒ玩具(現在は廃業)というメーカーから3,500円という当時では超高額なオモチャとして発売されるも、実際にホットケーキが焼けてしまうという高機能が話題を呼び1年間に17万個も売り上げてしまったという伝説的なオモチャなんですよ、この「ママレンジ」。

f:id:Meshi2_IB:20170406114353j:plain

発売当時の大卒初任給が3万6,000円だったそうですからね、今で言うと家庭用ゲーム機くらいの価格帯だったのかもしれませんよね!

1996年に放送されたテレビ番組で「ママレンジ」を探す放送回があったことから、マニアの間でも人気爆発。

状態の良いものでパッケージが初期のもの(写真上)、そしてボディにはバラのイラストのあるものが高額取引されており、オークションサイトなんかでは3万円を超えることも……。

 

f:id:Meshi2_IB:20170406155243j:plain

あれ!? そんなレアバージョンのママレンジが今ココに…、IN DA HOUSE!!

って別にニポポのコレクションを自慢したいワケじゃありませんよ。

 

今でも動いちゃう当時のセレブグッズですからね、今回は『メシ通』で、現代セレブの味覚に合わせたレシピに挑戦してみようではありませんか!

 

ちなみに構造なんですがね、

f:id:Meshi2_IB:20170406160940j:plain

電源コードをコンセントに差し込むと、この中央の電熱コイルが熱せられて調理が出来る仕組み。ただし、点火スイッチがあるわけじゃなく、食材を入れたフライパンを乗せない限り加温がスタートしないという、実に単純かつ子ども向けな神仕様!

付属のフライパンにはいち早くテフロン加工が施してあるなど至れり尽くせりのオモチャとなっているのです!

 

ホットケーキを焼いてみる

まずは前菜代わりにホットケーキでも焼いてみましょうか。

と、その前に。オッサンがホットケーキ焼いてる絵面もねぇ、

ちょっとアレなんでね、本日はアシスタントに……。

f:id:Meshi2_IB:20170406115545j:plain

「きゅるりんアイドル りなんなん」こと、布人形作家シンガーのいうちりなチャンを召喚!

やっぱ、こっちが画的に正解だわ……。

 

さて、準備も整ったところで食材を用意。

f:id:Meshi2_IB:20170406161119j:plain

ホットケーキミックスにミルクと卵ね。

 

これをかき混ぜていくわけなんだけど……。

f:id:Meshi2_Writer:20170329075624j:plain

見よ! この初めての共同作業感!!!

 

f:id:Meshi2_IB:20170406161153j:plain

とりあえずこねくり回し

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329111210j:plain

フライパンに流し込み

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329111310j:plain

焼き上がりを待つのでありんす~!(多分こんな口調じゃない)

 

するとこれね、驚きなんですよ。

一部のなつかし玩具マニアの間では「焼けない」とか「超時間がかかる」なんて噂もあったんですが……。

 

f:id:Meshi2_IB:20170406161243j:plain

5分たたないうちに、ソッコーでふっくらしてきましたわ!!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329111559j:plain

早速裏っ返し。

 

f:id:Meshi2_IB:20170406161330j:plain

あれっ、これも焼けてんじゃねぇの!?

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329112716j:plain

デデ~ん! 完成ズラよ~(絶対こんな口調じゃない)

 

思いのほか早くに焼けちゃったもんでね、

f:id:Meshi2_Writer:20170329111946j:plain

2枚も焼いちゃったよ~! うっまそ!!

 

これはもうソッコウでアレですわ!

f:id:Meshi2_Writer:20170329112954j:plain

ええのんか?

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329112122j:plain

パクリですわ!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329112141j:plain

ん!? ちょっとまって……。

 

うんめぇ……。

 

なんだこの今までにない外カリ中ふわ感。

これきっとアレだわ。最近話題の低温調理なんだわ。低温でじっくり焼くことによって、このふっくらとしながらもカリっとした食感が生まれてるんだわ。

最高……。

 

ハンバーグを焼いてみる

これは幸先の良いスタート。

この調子で次のメニュー行ってみよっか。

お次はコイツだ!

f:id:Meshi2_Writer:20170329112550j:plain

ハンバーグちゃんや!!!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329113048j:plain

具材を混ぜ混ぜし……

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329113150j:plain

こねくり回して、丸めて、と。

ん!? ちちょっと、りなちゃん? そのたどたどしさ……。

も、もしや……。

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329113329j:plain

実は人生初ハンバーグ作りなのでゴンス……。(完璧にこんな口調じゃない)

 

というわけで、りなちゃんの初ハンバーグの形はコチラ!

f:id:Meshi2_IB:20170406162336j:plain

なんだよ、意外と才能ありそうじゃんかよ!!

 

さぁ、後は焼くだけだ。

f:id:Meshi2_Writer:20170329113628j:plain

ウソみたいにジュージュー言ってるわ……。

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329113715j:plain

ヤベー、イイ香りが漂ってくる。もうすでにうまそっ!!

 

これはちょっとアイツを追加だな。アイツを!

f:id:Meshi2_Writer:20170329113815j:plain

目玉焼きオン・ザ・ハンバーグちゃん(うずらの卵でね)

 

f:id:Meshi2_IB:20170406162519j:plain

どや!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329114141j:plain

中までちゃんと火も通ってるし、肉汁もたっぷり!!!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329114246j:plain

もうね、言うことなし。

めっちゃくちゃうまいわ!

ママレンジ全然使いこなしちゃってるよ!!

 

ほどよく残った玉ねぎのシャキシャキ感と内部に凝縮された肉のうま味がライス大盛りをリクエストしてきます!

 

厚切りステーキを焼いてみる

ここまでで十分満足といったところなんですけどね……。

 

次のメニュー行きましょっか。

 

次はいよいよ……、

f:id:Meshi2_IB:20170406162911j:plain

黒毛和牛でおま!(断じてこんな口調じゃない)

 

かなり小さめの厚切り牛肉を、ママレンジに乗せてみると、

f:id:Meshi2_Writer:20170329114742j:plain

こんなふうにドデカく見えてしまう不思議!

 

この場違い感すごいわ~。

 

それでもね、焼けていくんですよこれが。

f:id:Meshi2_IB:20170406163126j:plain

 

実にうまそうに……。

f:id:Meshi2_Writer:20170329115253j:plain

多角的に焼いていくこの調理法を「3D調理」と名付けますわ!

 

そんなこんなで焼き始めること数分。

f:id:Meshi2_Writer:20170329115611j:plain

なにこれ! 高級料亭みたいじゃんか!!!

 

もうね

f:id:Meshi2_Writer:20170329115701j:plain

見てよ! この焼き加減! まさに100点満点の厚切りステーキだよ!!

 

これは熱々のうちにね。

f:id:Meshi2_Writer:20170329115831j:plain

いっただっきま~すっ!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170329115855j:plain

ぐほっ……。オッサンのワタクシ、そこそこの高級店なんかにも行ったことはあるつもりなのですが、ここまで素晴しい焼き加減のステーキ食べたことないわ……。

やっぱり低温でじっくり火を通したおかげでうま味がまったく逃げてないのねこれ。うま味の密度が濃密に詰め込まれてるって感じ。それがふっくらとした食感につつまれてるなんて。もうこれ極み……。

一切れで満足できちゃうステーキとかなかなかないですよホント……。

 

ママレンジ、あなどってました。

あなた昭和の遺物じゃないわ、しっかり現役だわ!

 

ところで……。あれ? りなちゃん!?

f:id:Meshi2_Writer:20170329120253j:plain

…………無言。

(普段はこんなキャラじゃない)

 

異次元のうまさに涙ぐんじゃってるじゃんかよ!

それもそのはず、聞けばりなちゃん普段の食生活、スタイリッシュに栄養満点なバナナが主食なんだってよ!

これはアレですわ、ちょっとまたママレンジで一緒においしいもん作って食べようぜよ!!

バナナ以外の料理を!!!

 

※本記事は2017年4月の情報です。

 

書いた人:ニポポ

ニポポ

トンガリキッズのメンバーとして「B-dash!」のスマッシュヒットで40万枚以上のセールスとプラチナディスクを受賞。徳間ジャパンコミュニケーションズより発売のソロ楽曲 CD も1万枚以上のセールスを記録。一方で、潜入ルポや珍品コレクションを披露するイベントも主催。週刊誌やWeb媒体での執筆活動も続け、これまで掲載された記事点数は1万記事を超える。

過去記事も読む

 

いうちりなちゃんの、サイン入り写真プレゼント!

f:id:mesitsu:20170608132650p:plain

いうちりなちゃんのサイン入り写真を、抽選で1名様へプレゼントいたします!

プレゼント内容

  • サイン入り写真:1名様

応募方法

  1. 『メシ通』公式Twitterアカウント(@mesitsu)をフォローする(すでにフォローしている場合も対象)
  2. 指定ツイート(下記参照)をRTする

キャンペーン開催期間

6月12日(月)~6月16日(金)23:59 まで

指定ツイート

※キャンペーンについてその他詳細はこちらをご確認ください。

トップに戻る