にらとにんにくでスタミナ補給完了。電子レンジで10分「レンチンにら麻婆丼」【Yuu】

f:id:yuu514:20190815173129j:plain

こんにちは、料理研究家のYuuです。

本日紹介するのは、残暑厳しい季節にぴったりのスタミナ満点「にら麻婆丼」。耐熱ボウルに材料を入れて電子レンジでチン、最後ににらを加えたら、あとはご飯にかけるだけの簡単丼レシピです。

にらとにんにくでスタミナたっぷり、ピリ辛で食欲増進。しかも、火を使わずに電子レンジでできるので暑い季節にいいことだらけ。食欲がない時でも、豆腐のおかげでご飯がスルスルと胃袋へおさまります。

豆腐が入っているので満足感も高く、少な目ご飯でもお腹いっぱいになれますよ。

 

Yuuの「レンチンにら麻婆丼」

【材料】(2人分)

  • 豚ひき肉 150g
  • 木綿豆腐 1丁(300g)
  • にら(ザク切り) 1/4束
  • 温かいご飯 茶碗2杯分ぐらい

(A)

  • 水 100ml
  • みそ、しょうゆ、酒 各大さじ1
  • 片栗粉 小さじ2
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 鶏ガラスープの素、豆板醤、ごま油 小さじ1
  • にんにく、しょうが 各チューブ1~2cm

(用意するもの)

  • 耐熱ボウル 1個

 

作り方

f:id:yuu514:20190815173204j:plain

1. 耐熱ボウルに、豚ひき肉と(A)を入れよく混ぜ合わせる。

(A)の豆板醤がなければ、仕上げにラー油や一味唐辛子(分量外)を適量かけて辛みを加えてください。

 

f:id:yuu514:20190815173254j:plain

 

2. 木綿豆腐を加えて、豆腐を崩しながらサッと混ぜ、ふんわりとラップをして、電子レンジ600wで約10分加熱する。

 

f:id:yuu514:20190815173341j:plain

3. 容器をレンジから取り出し、にらを加えてサッと混ぜる。

 

4. 器に温かいご飯を盛り、3をかける。

 

にらとにんにく、みその香りでご飯がすすむ!

f:id:yuu514:20190815173619j:plain

おろしにんにくは、チューブから1~2cm絞るだけでもしっかり存在感が出ます。にらとにんにくが香る簡単丼で、残暑を乗り切りたいですね。木綿豆腐は、絹ごし豆腐でも大丈夫。にらは余熱で火が通りますが、気になる方はにらを混ぜてから追加で1分ほど加熱してください。

 

作った人:Yuu

Yuu

福岡市在住。彼と愛犬チワワとの2人+2匹暮らし。2015年1月に開設したブログは多くの女性達の支持を集める。無理なく続けられ、かつ身近な食材や調味料を使った作り置き&スピードおかずをはじめ、彼の胃袋を離さない男子が好きそうなレシピを日々考案。フォロワー41万人のインスタグラムで人気のおかずばかり172品のレシピを集めた最新刊『誰にでもできる簡単なコツでいつものおかずがごちそうにYuuのラクうまベストレシピ』(扶桑社)が2019年7月発売。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る