肉のトルネード! 割烹料理店プロデュースのローストビーフ丼【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170220095202j:plain

このところ、ローストビーフが話題ですね。ローストビーフ専門店をはじめ、カフェなどいろんなところで見かけるようになりました。

そんな中、福岡県の青果市場内に、割烹料理店がプロデュースしているローストビーフ店があると聞いて行ってきました。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095215j:plain

博多駅から車で30分ほど。福岡市東区、アイランドシティ香椎浜にある青果市場の中に入っています。

生まれて初めて来ました、青果市場。なかなか、一般の人が来る印象ってないですよね。駐車場は2時間以内無料となっています。ありがたい。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095233j:plain

青果市場内は広々とした印象。コンビニやATMなどもあり、なんだか近代的でした。想像していた青果市場とは全然違いました。

しばらく歩くと「ROAST BEEF ひだまり」を発見!
見るからに、ボリューム感のあるポスターに期待が高まります。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095254j:plain

中に入ると、まずは食券の販売機が。
時間帯によっては並ぶようなので、食券の方が効率がいいですね。
ローストビーフ丼にヤサイバーと味噌汁が付いて、850円!
他にも「江戸前天丼」850円、「スパイシー鶏のからあげ」350円などメニューは4種類。
ハーフサイズのワインがあるというのが、面白い。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095311j:plain

スッキリとした感じの店内。中央にあるのが、セットになっているヤサイバー。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095329j:plain

ヤサイバーには4種の野菜が並びます。もちろん食べ放題です!
野菜が高騰した時期もありましたが、そんな時でも価格は変わらず。(かなり大変だったらしいですが……)
がっつり肉を食べるので、サラダも食べているという安心感がいいですね。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095348j:plain

注文したのは、ローストビーフ丼大盛り(ヤサイバー・味噌汁付き 1,100円)。
すごいボリュームです!

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095405j:plain

横から見るとこんな感じ。まさにトルネード! 肉が何重にも重なっています……。

大盛りになると肉によってですが、20枚~30枚近くのることもあるようで……。
最初のうちは、食べても食べても肉が出て来ます(笑)。

 

タレへのこだわりは、なんといっても、和と洋のミックスであること。パリッとしたガーリックと、絶品のタレが、たまりません!千早で「博多割烹 ひだまり」を営まれている、大将の道野さん自らが手作りされているタレ。野菜とフルーツをベースに、ワインやお酒などブレンドして仕上げられています。

 

長年、割烹料亭で培われてきた勘と、フランス料理の料理人のご友人からもヒントを得て作りだされるタレは自信が感じられます。肉にマッチし、ごはんが進む絶妙な逸品。

そのまま食べてもいいのですが……。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095423j:plain

とろっとろの温泉卵を混ぜると、また味わい深くなります。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095433j:plain

かみ応えのある肉は、肉1枚ずつがしっかりしたボリューム。
とろっとろ卵と、絶品のタレがよく絡みます。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095454j:plain

食べても食べても、まだごはんが出てきません。8枚くらい肉食べたかな……。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095509j:plain

ごはんが見えてきたら、スプーンでがっつりと。
奥にいくほどに、タレが染みています。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095526j:plain

お店に入った時から目を引いていた、マヨネーズ3種がここで登場!
各テーブルに常備されている「スタンダードマヨ、生わさびマヨ、からしマヨ」。
このマヨ御三家こそが、「ひだまり」の特徴でもあります。

 

今どこのスーパーでも当たり前のように並ぶ「サラダ巻」。実は、そのサラダ巻を福岡でスタンダードにしたのが、「博多割烹 ひだまり」の大将・道野さんなのです。テーブルにあるマヨネーズからそんな秘密を知ることができて驚きでした。

 

もともとサラダ巻は、昭和50年ごろ、宮崎県で流行って食べられていたそうで、道野さんが趣味のポルシェでディーラーさんと九州をまわっていた時に、宮崎のサラダ巻に出会って「これは、いい!」ということで福岡に持ち帰ったのだとか。

 

マヨネーズ奥深し。

確かにサラダ巻って、ごはんとマヨネーズすごく合いますもんね。

それが、今日の「ひだまり」のローストビーフ丼にもつながります。

ローストビーフとの相性から、わさびとからし風味のマヨネーズも用意。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095548j:plain

それでは、スタンダードマヨから。
納得の味です。ご想像通りだと思います。丼の途中で味が変わるのもうれしいポイント。

f:id:mesitsu_lb:20170220095559j:plain

からしマヨもいい感じです。辛すぎることもなく、程よいからしの香りがGOOD。

 

f:id:mesitsu_lb:20170220095611j:plain

1番好きだったのは、わさびマヨ。
合わないわけがない! こちらもツンとするほどではない、わさびの風味がよく合います。(写真だと見た目が全部同じに見えますが……)

食に「楽しみ」をプラスできるのも、割烹料理店のプロデュースだからこそ。
いろいろな楽しみ方でローストビーフ丼を食べることができました!
絶品のタレにボリューム感マックスのローストビーフ丼。
一度食べてみてはいかがでしょうか。

 

お店情報

ロースト ビーフ ひだまり (ROAST BEEF ひだまり)

住所:福岡福岡市みなと香椎3-1-1 青果市場会館1F 124番
電話番号:092-682-2155 
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

※この情報は2017年2月時点のものです。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:安藤エリカ

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

トップに戻る