フライパンのまま豪快に食べる「キムチとなめ茸のビビンバ風」という自堕落メシ【かめきちパパ】

f:id:kamekichipapa:20200109121138j:plain

こんにちは、楽うま料理研究家のかめきちパパです。

新年もあけてしばらく経ちましたが、あらためまして今年もよろしくお願いします。今年も関西パワーで頑張ります!

お正月休み明け、まだまだフル回転していない時期、そうは言っても腹は減る……。ということで、今回はフライパン1つで作って食べて、お腹も心も大満足できる楽うま料理です。

 

嫁さん評価 ★★★☆☆

「私はキムチが苦手だけど味としては美味しいわね。なんかパワーがつきそうな味」

娘評価 ★★★★★

「フライパンからジューって音が鳴ってる! めっちゃ熱そうだけど、卵を混ぜたらちょうどいい感じ。お焦げのところも美味しい」

 

かめきちパパの「フライパンで食べるキムチとなめ茸のビビンバ風」

【材料】1人前

  • ご飯 茶碗1杯(160g)
  • キムチ 100g
  • 豚バラ肉 40g
  • なめ茸(瓶詰め) 40g
  • 卵 1個
  • 刻みネギ 5g
  • 焼肉のタレ 大さじ1~1.5

作り方

f:id:kamekichipapa:20200109121308j:plain

1. 豚バラ肉は3㎝くらいに切り、小さ目のフライパン(今回は18㎝のものを使っています)に並べて中火にかけます。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121329j:plain

2. 豚肉の色が変わったら、ご飯を加え、混ぜ合わせながら焼いていきます。

ご飯はしっかりと焼き色がつくよう、炒めるというよりヘラなどで抑えて焼く感じで。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121339j:plain

3. ご飯に焼き色がついてきたらキムチ(トッピング用に少し残しておきます)を加えて混ぜ合わせ、

 

f:id:kamekichipapa:20200109121527j:plain

焼肉のタレも入れます。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121536j:plain

4. 全体をよく混ぜ合わせて炒めたら、残しておいたキムチをのせ、

 

f:id:kamekichipapa:20200109121647j:plain

なめ茸を盛って、真ん中に生卵を落とし、刻みネギを散らして出来上がりです。

 

豪快に口に掘り込んでビールで流し込んで

f:id:kamekichipapa:20200109121200j:plain

キムチの辛味となめ茸の甘味がちょうどいいバランスで、そこに生卵のまろやかさが絡んで、スプーンが止まらなくなること間違いなし。豪快に口に放り込んでビールで流し込めば、幸せになれる味です。トッピングのキムチと、先入れして香ばしく焼けたキムチの異なる味わいも楽しめますよ。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121228j:plain

お焦げももれなくできてますよ。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121210j:plain

何より、材料をフライパンで炒めて、そのままテーブルに出してしまうこの自堕落な感じが一番。

 

f:id:kamekichipapa:20200109121215j:plain

フライパンのまま食べるので、金属製のスプーンより、木製やシリコンのスプーンを使う方がフライパンが傷つきにいです。

 

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る