天丼

下町の庶民文化をハシゴする……? 「老舗の湯丼」と「天丼(ハ)」とは?

風呂デューサーとしても活動している毎川直也です。メシ通レポーターでありながら小さめの胃袋の持ち主な私ですが、「丼のハシゴ」をしたことがもちろんありません。想像するだけでうぷっとなります。 今回ご紹介するのは、そんな私と同様に小食のみなさんに…

極ウマ天ぷらがそそり立つ! タワー天丼がアンダー1,000円ですってよ「まる福」【京都・伏見】

こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 京都人は、天ぷらに対して特別な思いを持っています。なぜかというと「天ぷら=かなーり高価」だから。町の定食店ではまず天ぷらは出てきませんし、京都には天ぷら専門店がほとんどありません。 お高めの…

560円で食べられる「谷町 一味禅」の天丼がうますぎる【大阪】

こんにちは。メシ通レポーターのケメコです。 ランチ代ってなるべく安めに抑えたいですよね。日々の生活もありますし、昼は節約しておいて夕飯に重点を置くって人も多いはず。わたしもそのスタンスです。でもだからといって「安かろう悪かろう」ではちょっと…

新天町の老舗「飛うめ」で 親子丼と並ぶ名物・天丼の意外な特徴とは?【福岡】

買い物客で賑わう老舗商店街の老舗そば屋さん 福岡市随一の繁華街・天神の真ん中にあって、昔ながらの商店街の佇まいが残る新天町。空襲で焼け野原になっていた天神に戦後復興で商店街が造られたのは昭和21(1946)年のこと。その翌年に商店街の一角に飲食店…

トップに戻る