クレープ

たった100円で絶品クレープが味わえる奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」

クレープがたったの100円? こんにちは。メシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。 「絹のような」という意味を持つ「クレープ」。 小麦粉に牛乳やバター、たまご、砂糖などを溶き、あつあつの丸い鉄板へとろ~り。 そこへまるでグラウンドを整えるように…

「わさびマヨ」で食べる「大人のクレープ」で酒が飲めるぞ!【今週は屋台の味】

嫁さん評価 ★★★★☆ 「クレープって久しぶりに食べるわ、って全然、具材がクレープと違うわね。なんだかダマされた気分だわ! おいしいから余計に腹立つ(笑)」 娘評価 ★★★☆☆ 「なんで生クリーム入ってなくて焼き鳥なん? こんなん夜店で売ってないで。でも焼…

なぜそこまで限界に挑む!? 「鬼コスパ」の良店まとめ【激ウマ】

お値段の高い食べ物がウマいのは当たり前。 でも、ものすごーくウマいのに、さらにお値段もリーズナブルときたら……こりゃもう我々にとって天国のようなお店なワケで。 ということで、ここでは「あんまり他人には教えたくない、コスパ最高の良店」をこっそり…

メガ盛りすぎるクレープ「チョモランマ」と炭水化物の要塞「男クレープ」を知っているか

大人の男なら、女友達を連れていけるバカ盛りクレープの店のひとつやふたつは知っておきたいものだ。 ごめん、うそうそ、いまのなし。 クレープのイメージって、原宿あたりでかわいい女の子が脇を締めて構えて、最高の笑顔で「おいしっ★」って食べる感じじゃ…

甘党へ捧ぐ! 神戸・元町にコスパ◎高級スイーツレベルのクレープを発見

クレープを食べながら街を歩くのは、若い人にとっては当たり前のスタイルで、10代、20代のときなら、誰もが一度は体験したことがあるのではないでしょうか。 しかし、今は若い人に限らず、そこそこ年齢を重ねた男性でも、ひとりでクレープを食べる姿は珍しく…

トップに戻る