逃避漫画

【逃避漫画】下界の彩度が高すぎるので山に登ってみた〜三条の湯でいただく山の幸〜

輝度も彩度も高い下界から逃げ出して、目指したのは夏の山。そこには、自分の呼吸のみがこだまする別世界と、カラカラの心にじんわり沁みわたる「山の幸」が待っていた……。

トップに戻る