【月間ランキング】2020年8月~「サバ缶を南蛮漬け風に~」「筋トレしてない人も、筋肉料理人の夏メシ~」が話題に

f:id:mesitsu:20171109172408j:plain

こんにちは。メシ通編集部のTです。9月の3週目ですが、昼は暑く、夜は寝苦しい日が続いています。

1か月前に比べ新型コロナウイルス感染症の影響は弱まってきたものの、まだまだこれからの季節に向けて油断できません。そんな状況もあってか、先月も引き続きレシピ系の記事に反応が良いようでした。早く以前の日常に戻るといいのですが、しばらくこの状況は続きそうですね。

さて、これさえ読めば『メシ通』で話題になった記事が分かる、20208月のランキングです! ヽ(´ー`)

今月はトップ10のうち6本がレシピ系の記事でした。みなさんの、お気に入りの記事はどれだったでしょうか。では、さっそく一緒に振り返ってみましょう~。

※集計期間:2020年7月21日~2020年8月20日に公開した記事が対象
※基準:各ソーシャルメディアのカウント数へ独自の重み付けを行い集計

 

第1位:サバ缶を南蛮漬け風にしたら、そばのトッピングからおつまみまで箸がすすみすぎた【北嶋佳奈】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909190013j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909190028j:plain

ここ数年間レシピの定番になっているサバ缶。北嶋佳奈さんが南蛮漬け風にしてみました。今回はそばと一緒に食べる夏向けのレシピ。暑い日が続くこの時期にぜひ!

www.hotpepper.jp

 

第2位:筋トレしてない人も、筋肉料理人の夏メシ「やわらか鶏むね肉とブロッコリーの塩レモン炒め」を食べてほしい

f:id:hotpepper-gourmet:20200909191244j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909191316j:plain

筋肉料理人さんの定番、鶏むね肉を使った料理が2位に。暑い夏もそろそろ終わりに近づいていますが、レモンを使っているので夏らしくさっぱりと食べられそうですね。

www.hotpepper.jp


第3位:“サバ缶冷や汁”の季節です「サバ缶豆乳カレー冷や汁」の作り方【ヤスナリオ】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909191654j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909191711j:plain

1位に続き3位もサバ缶を使ったメニューがランクイン。豆乳とカレー粉、しょうゆを混ぜて、ご飯にかけてサバ水煮缶をのっけるだけなので、お昼や夜食に食べるのも良さそうですね。

www.hotpepper.jp

 

第4位:【フランス人の味覚】和菓子は全部「同じ味」?今パリで“足し算の和菓子”が必要なワケ

f:id:hotpepper-gourmet:20200909192150j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909192204j:plain

インタビュィーの村田さん曰く「和菓子は味を引いていくことで良さを出すのに対して、洋菓子は味を足していくことで美味しくなるという考え方です」とのこと。そのためフランス人は和菓子のことを「味が単純すぎる」と感じてしまうんだとか。

www.hotpepper.jp

 

第5位:埠頭の「ナポリタン専門店」が、港で働く人々の“メシ革命”を巻き起こした

f:id:hotpepper-gourmet:20200909192730j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909192748j:plain

「日本ナポリタン学会」会長の田中健介さんの記事が5位に。ナポリタン発祥の地と言われる横浜でこのお店を開いたのは、埠頭や港町が好きで本牧エリアに出店を決めたという広島県出身の栗本さん。プロのシェフ仲間と意見交換を重ねて完成させたというナポリタンは気になりますね。www.hotpepper.jp

 

第6位:崎陽軒のシウマイ弁当で主役にも負けない名物おかず「筍煮」の食べ方についてこだわってみた【DJメシ】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194205j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194219j:plain

マンガ「DJメシ」の主人公ムラマツさんおススメの崎陽軒のシウマイ弁当の食べ方は、シウマイの真ん中に筍煮を埋め込んで食べるというもの。「うまいものとうまいものを合体させる」というこの食べ方、今度買った時に試してみたいですね。

www.hotpepper.jp

 

第7位:スパイスを自分好みに調合してクラフトコーラを2種類自作してみた【ダーク&シトラス】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194525j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194538j:plain

発酵に関する本をてがけたこともあるferment booksの(よ)さんが今回選んだテーマはクラフトコーラ。ダークコーラは、シナモン、クローブ、八角、バニラビーンズ、黒胡椒、ナツメグ、 レモンといった材料を使って作ります。果たしてそのお味は!?

www.hotpepper.jp

 

第8位:麺を究めたいから原価計算は一切しない──。「大地のうどん」仰天経営術【名物ごぼう天うどん】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194845j:plain

f:id:hotpepper-gourmet:20200909194859j:plain

見るからに美味しそうな透明のうどん。インタビューでは「切りたての麺でも5分注文がこなければ廃棄!」「ダシは味がブレないからつまらない」など衝撃の発言が。福岡だけでなく、東京にもお店があるので関東の方もぜひ!

www.hotpepper.jp

 

第9位:【メシ通のそうめん祭り】「ささみのよだれ鶏風そうめん」は、鶏の蒸し汁で作るレンチンピリ辛ダレがたまりません【Yuu】

f:id:hotpepper-gourmet:20200909195304j:plain

7~8月の間、編集部から料理家さんにお願いして様々なそうめんレシピを紹介していただき、連載していた【メシ通のそうめん祭り】。9位に入ったこちらは、ピリッと辛いよだれ鶏風をトッピング。野菜もたっぷりのせてモリモリ食べたいですね。

www.hotpepper.jp

 

第10位:低脂質高タンパクチャレンジ「鶏むね肉のネギわかめ和え」が夏の疲労回復に一役買ってくれそう

f:id:hotpepper-gourmet:20200910125647j:plain

『メシ通』読者にウケの良い鶏むね肉を使ったメニューが10位にランクイン。タンパク質を分解する塩麹と、保水性のある砂糖を使うことで、かたくなるのを防ぎしっとりやわらかく仕上がるんだとか。

www.hotpepper.jp

 

編集部おすすめ記事

さて、ここからは、残念ながらランキングには入らなかったけど、これはぜひ読んでほしい! というメシ通編集部おすすめ記事10選です。

 

エダジュンさんお得意のエスニックな味付けのこのうどん。冷蔵庫でキリッと冷やしたスープは、9月もまだまだ美味しく食べられそうです。

www.hotpepper.jp


今回の新型コロナウイルス感染症の騒動が始まってから、100%自社負担で医療現場に「差し入れ」を行ったというパリにある「BENTO&GO!(ベントー・アンド・ゴー!)」の立花さん。ご飯は別添えのパックに入れて、おかずと容器を分けて販売する弁当がほとんどと語るその理由とは?

www.hotpepper.jp


「次に来る四川料理はなんだ?」ということで、BUBBLE-Bさんや麻辣連盟総裁の中川正道さんが約50品、6時間食べっぱなしの試食会に参加し、様々なメニューを味わいました。

www.hotpepper.jp


山口県の宇部ラーメンは、久留米ラーメンの流れを汲んだという正統派のとんこつラーメン。ライターの少年Bさん曰く、ラーメンに餃子を入れると「ワンタンのようで、濃いとんこつスープと絡む」んだとか。

www.hotpepper.jp


新型コロナウイルス感染症の影響で、四川への渡航が制限される中、陳家私菜の社長が香辛料を取り寄せるために取った方法とは? 7月からスタートした連載「WITHコロナ 飲食店特集」というコロナと飲食店に関する不定期連載の記事の1つです。

www.hotpepper.jp

 

冷や汁といえば宮崎が有名ですが、実は徳島にも冷や汁があるんです。昔、母が作ってくれたという、ホマレ姉さんの故郷徳島の味を意識して作ったレシピです。

www.hotpepper.jp

 

祖父が京懐石の料理人で、自身も料理人を目指した過去もあるというはんにゃの川島さん。インタビューでは、プロポーズ直前に腎臓がんの告知を受けたという衝撃の告白も。

www.hotpepper.jp


サバ缶、めんつゆを使って、そうめんに合うカレー風味のつけ汁を作ったというスパイス料理研究家のバリ猫ゆっきーさん。タマリンドの代わりに梅干しが使われている点も気になります。

www.hotpepper.jp


種まきから1か月程度で収穫できるという小松菜。6年間市民農園で様々な野菜を育ててきたなかむらみつのりさんは「簡単で食卓に使いやすい野菜」とその魅力や美味しい食べ方を語ります。

www.hotpepper.jp

 

メニューを作った当初、夫婦ゲンカばかりしていて、そんな中から「家出」や「別居」というワードがでてきたという「鬼嫁つけ麺」。辛さのレベルが「家出」→「別居」→「調停」→「離婚」→「孤独」と妙に生々しいです。

www.hotpepper.jp

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。
『メシ通』は、これからもいろいろなグルメ情報をお届けしていきますのでご期待ください。

また、「こんな企画やって!」「このお店取材して欲しい」「あそこ面白いから行ってみて!」など、ネタのご提供・たれこみはいつでもウェルカムですので、下記のTwitterやFacebookページにぜひお寄せください。
あなたの情報が記事になるかもしれません!

 

twitter.com

www.facebook.com

www.instagram.com

しばらくは暑さにも新型コロナウイルス感染症にも気を付けて生活しなればなりませんが、皆様の日々が楽しくなったり、役に立つコンテンツを配信していければと考えております。体調には十分気を付けてお過ごしください。

書いた人:メシ通編集部

メシ通編集部

メシ通編集部です。

過去記事も読む

トップに戻る