裸電球

帯広のソウルフード、インデアンカレーに鍋持参で向かう!

帯広市民の胃袋をガッチリつかんで離さない。 皆さんは「インデアンカレー」をご存知でしょうか。 仕事の間にインデアン。家でも持ち帰りでインデアン。イベント会場でもインデアン。帯広とインデアンカレーは、切っても切れない仲なのです。一体、どんなカ…

【ホクホク食材の聖地】「オブリガーダ」ですごい料理に出会う!

ゴロンと登場しました。何かわかります? これ、ゆり根 なんです!日本全国に出荷されているゆり根の98%が、北海道で作られているんですよ。ゆり根とお酒の相性ときたら、もう!日本酒にもワインにも最高です。今回は、北海道十勝の食材が堪能できるお店、…

【そば好きの楽園】収穫量全国1位の幌加内「雪月花」で新そば!【北海道】

ちょっとちょっと!ぜいたくなおそば屋さんがありますよ。 北海道・幌加内町はそば好きにとって、とてつもな〜い場所なんです。なぜならば!作付け面積、全国1位!収穫量、全国1位!(※)おまけに。日本の最寒記録、第1位!(※)寒暖の差は、美味しいそばを…

【魅惑のフニフニ】なんだこの食感! 根室の銘菓「オランダせんべい」が熱い!

見た目はせんべいですが、食べてびっくり。 「パリっ!」ではないんです。だったら「フワっ!」かと思いきや、そうでもないのです。言うならば「フニっ!!」それはそれは、モッチモチで絶妙な「フニっ!!」なのです。ネーミングも最高。「オランダせんべい…

ヨ…ヨーグルトラーメン? 旭川大吉ラーメンのラインナップがすごい!

どっからどう見ても。タップリとかかっています。ラーメンにヨーグルト いやいやいや!かけちゃいましたか!やっちゃいましたか!やめてくださいよ……。そんなことされたら……。行っちゃうじゃないですか。気になりすぎる一杯を発見!旭川大吉ラーメンをご紹介…

パンのようなまんじゅう? 夕張に愛され64年「小倉屋ぱんぢゅう店」

コロコロとしたカワイイ見た目。 中にはぎっしりとあんこが詰まっています。その名も「ぱんぢゅう」地元・夕張出身の人たちは、食べた瞬間、「おかえりなさい」と言われた気がするそうです。炭鉱の閉山や財政破綻。大変なことが色々あった夕張で、今なお、味…

【マジ驚愕】ヘルシーにそばのつもりが背脂地獄! 「おにそば」の超こってり地獄めぐり【札幌】

暴飲暴食が続いている……。 そうだ、今日のランチはヘルシーにそばにしよう。入ったお店は「地獄」でした。札幌の「おにそば」が、そば=あっさりという観念に、ズバッとメスを入れてしまったのです!器からあふれんばかりの具材に、大盛りの麺。さらに特記す…

まるで「鉱物」のよう! まさに黒いダイヤモンド「石炭ザンギ」を食べてきた

石油が使われる前、人々は石炭で暖をとっていました。 北海道には数多くの炭鉱があり、今なお史跡として残っています。そんな炭鉱マチだった三笠市に、衝撃のメニューがあるという情報を得ました。その名も「石炭ザンギ」。黒光りしたその姿は、まさに黒いダ…

由仁町なのに東京ホルモン!? のどかな町で愛される「東京」に迫る!【夕張】

北海道らしい風景が広がるのどかな町。 由仁町には「東京ホルモン」というソウルフードがあります。東京で営業しているわけではないのに「東京」なのです。しかも、地元で愛され続けて、半世紀!なぜ、この町で?調べていくと、「そうきたか!」という理由に…

オホーツクがあふれている! 吉田三八商店で海の幸、てんこ盛り!【網走】

オホーツクの海の幸が味わえる町、網走。その繁華街に、なんともやりすぎなお店があります。カニが山盛り、イクラが山盛りとサービス精神旺盛!しかも安いってどういうことですか!?海鮮卸問屋直営という居酒屋さん、吉田三八商店をご紹介します。 札幌から…

組み合わせの美学! 人々の胃袋をつかんで離さないキッチンサンボの「スパカツ」と「生姜焼きピラフ」【旭川】

単独で食べても美味しいものを、「&」で結ぶことで、さらなる進化を遂げる食べ物があります。 昼時はいつだって激コミ、出前の電話も鳴り止まないお店、「キッチンサンボ」の生姜焼きピラフは、知る人ぞ知る名物料理!熱々のピラフの上に、豪快に乗った分厚…

ピクリとも悪いことしていないのに監獄食を食べてきた!

極悪人が収容されていたことで知られた網走監獄。罪人にとっても網走は「最果ての地」として恐れられていました。冬は氷点下になる獄中で罪を償っていたのです。そんな網走監獄で、刑務所で実際に作られている食事を再現した、「監獄食」が食べられるという…

カロリーセーブを許さない! なんぽろ温泉の「キャベツ天丼」がすごい!【北海道】

天丼が食べたいけれど、最近お腹がポッチャリだし。 カロリーセーブしなきゃダメだな、そう思ったんです。やってきたのは、なんぽろ温泉ハート&ハート。施設内で営業する「レストラン味心」です。そこで注文したのが「キャベツ天丼」野菜ならヘルシーそうじ…

珈琲にたどり着けるのか!?「喫茶さっと」のウインナーコーヒー【旭川】

色々なメガ盛りに挑戦してきましたが、そんなのアリですか? 高架下で営む「喫茶さっと」のウインナーコーヒーがとんでもないというのです。山盛りに盛られた生クリーム。グリグリと渦高く盛られた生クリームは圧巻です!この時、店員さんに話しかけてはいけ…

夢がつまった牧場「伊勢ファーム」で、牛を見ながらソフトクリームを食す!

空の青、木々の緑、そこに輝く真っ白なソフトクリーム! これぞまさに「THE 北海道」今回、ご紹介するのは牧場直営のソフトクリーム屋さんです。 しぼりたての牛乳を使ったソフトクリームを販売している牧場は数あれど、「伊勢ファーム」は、さらに先へ、上…

渋い外観「ねぎぼーず」の玉ねぎ天がものすごく甘いらしい!

サクっとした食感。 ふわりと空気のように軽い口当たりのあとに広がるのは、いつまでも続きそうな長い余韻。 一見さんが入ってくることを拒むような渋い外観のお店、「ねぎぼーず」のアレがたまらなく「甘い」というのです。 その名も「玉ねぎ天」店名が「ね…

二度見する外観! 「味確認ラーメン」で未知との遭遇!【札幌】

テレパシーで引き寄せられるかのように、 未知との遭遇。いろいろなお店を食べ歩いているので、ある程度、免疫はあると自負していたのですが。ええっと……。二度見しました。だって、「味確認ラーメン」ですよ!なんてストレートで斬新な名前でしょう。 お店…

北海道のソウルドリンク「カツゲン」に迫る!

進学や就職で北海道を離れた人が、 広大な大地に思いをはせ、飲みたくなるドリンクの代名詞。雪印メグミルクが販売する「カツゲン」です。優しい甘みと乳酸菌飲料ならではの酸味。ゴクゴクと喉を鳴らして飲める爽やかさ。「カツゲン」は道産子のソウルドリン…

「バホそばドン丼」ってなんですか? 老舗のおそば屋「三徳」で見つけた不思議メニュー!

あちこち食べ歩いていると、 メニュー名を聞けば、大体の料理は想像できるようになるものです。しかしながら、今回ご紹介する「三徳」さんの好評メニューはといいますと!全く持って何なのかわかりません!その名も「バホそばドン丼」です。昭和2年から続く…

ninoでおからクレープ! 看板娘に看板犬と何かと楽しいお店に潜入【札幌】

硬派なふりをしつつ、実は甘いものが大好き。 そんなスイーツ系男子の隠れ家を見つけました。その名も「nino」このお店、メニューが何かと面白いのです!看板メニューのクレープは、生地にたっぷりと おから が入っています。特徴のあるメニューは他にも!味…

アイスモナカかと思ったら、納豆が出てきた衝撃! ご当地グルメ「ナゥピー」って知ってます?【富良野】

想像してください。学生時代の給食時間。食後のデザートにとっておいたアイスモナカの中から、凍った納豆が出てきたらどうしますか?今回ご紹介するのは「ナゥピー」という不思議な食べ物です。知らないで食べると、衝撃でひっくり返ってしまいそうですが、…

あの話題のお店がついに登場!「唯我独尊」のカレーとソーセージ【富良野】

北海道の一大観光地、富良野。 テレビでお馴染みの『北の国から』の舞台として、いまなお、たくさんの観光客で賑わうエリアです。そんな中、ここのカレーはすごいですよ。是非、北海道旅行の際には食べていただきたい。全国に「唯我独尊」ファンの多いこと!…

あなたはどっち!? 壁一枚を隔てた「ちょこっと寿司」と「ちょこっとステーキ」【札幌】

今日のご飯は何にする? 贅沢してさ、寿司かステーキにしようよ。どちらにするか決められない……。そんな経験はありませんか?そんなあなたに朗報です!真逆のお料理を一度に味わえるお店を発見しました。その名も「ちょこっと寿司」と「ちょこっとステーキ」…

初セリ1玉50万円!? 当麻町の「でんすけすいか」に密着!

北海道・当麻町が誇る「でんすけすいか」 黒々と光り輝く、大きなスイカの存在感は圧巻です。食べる前に「飾る」、これぞでんすけスタイル。今年の初セリはなんと50万円という値がついたというから驚きです。糖度、大きさともに圧巻のすいか!栽培が大変難し…

自動販売機で買う最強のTKG「かっぱの健卵」がうまい!【北海道比布町】

北海道の真ん中よりもちょっと上にある 比布町。今、この町のTKGがアツイという噂をキャッチしました。TKGとは、たまご、かけ、ごはん、の頭文字!大好物という方も多いのではないでしょうか。肝となるのは何といっても、安全・安心・新鮮な卵!エサにこだわ…

カニ爪がピースしている! 紋別にある「西や」のラーメンが色々と楽しい!

北海道・紋別市。 浜風が吹きつけるこの街に、何やら変わったラーメンがあるというのです。 札幌から約270キロ離れた紋別。東京換算で考えると新宿から静岡県浜松市までの距離に相当。う〜ん、ラーメンのためだけにこの移動距離かと悩みましたが、自分を止め…

「らーめん山頭火」創業者・畠中会長の渾身の一杯が食べられるお店 「あさめし前田゛本舗」がすごい!

北海道・旭川市で産声をあげた「らーめん山頭火」。 まろやかで優しい味わいのラーメンは、多くの人を魅了し、飽きのこない一杯として、長年に渡り愛され続けています。「らーめん山頭火」の勢いは止まりません。現在は国内のみならず、世界中で店舗を展開。…

七福弁当の「のりメンチ」を愛してやまない男子は、「のりメンズ」宣言だ!【旭川】

昔からファンの多いメニューだったんです。 いうならば、このお店の「看板商品」ですからね!七福弁当 鈴木商店の「のりメンチ」街にはファンがたくさん!しかし、最近になって、市外にも広がりを見せているようなのです。のりメンチ目当てに旅行してきまし…

北海道民なら見たことあるよね? スーパーでもお馴染み「炭や」のホルモン!

スーパーで売っている、このパッケージ。 北海道民であれば一度は目にしたことがあるでしょう。焼肉の必須アイテム「炭やシリーズ」のホルモンです。 道内各地のスーパーで販売されているこの商品は、豚ホルモンが愛される街、旭川市で製造されています。旭…

「夢民村」の直売カフェで「甘っ!」を連発、夢を持った農家さんの本気がすごい【旭川】

北海道は野菜が美味しい。これは今さら説明する必要はないでしょう。 肥沃な大地と昼夜の寒暖差が生み出す旬の野菜、 さらに、これから向かうお店は北海道有数の米どころにあります! ご紹介するのは夢を持った農家集団、「夢民村(むーみんむら)」です。 …

俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】

箸は必要ありません、このままで結構です。 本当におかまいなく!私、美唄市出身なので、袋のままいかせていただきます。 ご紹介する「角屋のやきそば」はちょっと変わっています。 袋に入って販売されているだけでも珍しいのに、美唄市民は袋のままかぶりつ…

骨董店の奥で営業する完全予約制のお好み焼き屋「なりゆき」に潜入【旭川】

全国にはお好み焼き屋さんは数々あれど、まさかアレと並んでしまうお店があるとは。 今回ご紹介するお店は、お好み焼きと骨董 のお店です。ソースの焦げる香りと、江戸時代の陶器が共存する空間。なんですかそれ! すごくないですか!しかもこのお店、「完全…

松尾ジンギスカンの本店が登場! 今年で創業60年 発祥の地をレポート!

北海道のみならず、全国に展開する松尾ジンギスカン。新宿三丁目店や赤坂店、銀座店など首都圏でも評判のお店です。最近では北海道の玄関口、新千歳空港にもオープンし、その勢いは止まりません。さらに今年は、創業60年の節目の年!松尾ジンギスカンの挑戦…

観光名所「青い池」はキレイだけども! らーめん八海が青いカレーを作ってしまった!

北海道・美瑛町は観光のトップシーズンを迎えます。目に映る風景、どこを切り取っても「絵葉書」になるような美しいマチ、美瑛。丘陵地帯に広がる畑や美しい空に惚れて移住してくる方もたくさんいます。そんな美瑛で今、注目のスポットと言えば「青い池」で…

台北から2,700キロ離れた北海道で食べる〆のルーローハンが話題!

札幌でハシゴ酒。 1軒、2軒と飲み歩き、最後に〆がてら、もう一軒行きますか。ここは北海道一の繁華街ススキノですから、ご当地グルメの「味噌ラーメン」となりそうなところですが、道産子は路地裏へと進みます。目的は、「台湾料理 ごとう」で食べる「〆の…

あんこ好き男子必見!あんこと抹茶の「福吉らて」にアンキーマカレーはいかが?【北海道】

白状しちゃいなよ、「あんこ」が好きだって。甘いものはさほど食べないけれど、「あんこ」だけは放っておけないって。こんにちは、メシ通レポーター、「あんこ」に目がない裸電球です。漢字で書くと、「餡子男子」なんだかものすごい破壊力のある言葉ですね…

学生さんのリクエストした料理が増えていった店「つくしのこ」で常連メニューを味わう

お店の料理を、常連さんならではの頼み方で注文できたとき、その店の仲間入りをしたのだとうれしくなる、メシ通レポーターの裸電球です。 今回ご紹介するお店は、北海道大学の学生さんたちが暮らす界隈、地下鉄・北18条駅の近くにお店を構える「つくしのこ」…

「ジュンドック」って言われても、片手で食べられるって言われても、それ何ですか?【北海道】

旭川市のスタルヒン球場で、高校野球を観戦していると、 隣の男性が何やら不思議なものを食べているではありませんか。見た目は棒状で、パッケージには「ジュンドック」と書かれています。「ドック」と聞いてまず連想するのは、 パンにソーセージを挟んだホ…

店名 「モツの朝立ち」でスタミナを!

こんにちは、メシ通レポーターの裸電球です。 札幌でオープン直後から、お客さんが途切れないお店があります。 その名も、「モツの朝立ち」です。 個性的すぎる店名が目を引く 「大衆おっさんパラダイス」と書かれた暖簾の先には、元気になりそうなモツ料理…

ゲソ丼の名店「花ちゃん」の新登場メニューがふりきっている!

市内にゲソ丼を提供する店が多いことで話題の、北海道の旭川市。 今回ご紹介する「花ちゃん」は全国各地はもとより、最近ではアジア圏の観光客も訪れるお店として知られています。 これでもかと、たっぷりのゲソ!値段が安いのも特徴で、ワンコインでおなか…

四川料理歴40年以上の職人が作る、緻密に計算された驚愕の味わい【北海道】

「ウチは儲けがないからね」 そんな飲食店を尊敬してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。 北海道札幌市に、お客さんに美味しく食べてもらうためには、妥協を許さない、職人気質なお店があるという噂を聞きつけてやってきました。 この道40年以上の店主…

どこを見てもカエル! ガマ記念館でゲコゲコとランチをしてきた!

カエルの歌が聞こえてきすぎるお店を発見しました。店内、どこを見渡しても、カエル、カエル、カエル! その名も「ガマ記念館」 梅雨時期ジメジメだからこそ、ここは思い切ってカエルの世界でご飯を食べてみませんか? 館内には日本はもとより、世界中から集…

匂いはプンプンするのにここでは食べられない!? きのこをたっぷり使った本格カレー!

全国のカレーファンにお届けしたい情報なのだがしかし。心のどこかで自分だけの秘密にしたいと葛藤する、メシ通レポーターの裸電球です。 今回の舞台は、人口が3,000人ほどの小さな町、北海道・愛別町。 愛別町は全国有数の「きのこの産地」として知られてい…

手稲区役所の食堂がすごい!メガザンタレ定食が住民の胃袋を満たす【北海道】

土地勘のない駅前をフラリ。 空腹の胃袋をぶら下げた、メシ通レポーターの裸電球です。 お腹がグーグー鳴ったという理由だけで、電車を降りてみました。 やってきたのは観光地・小樽にもほど近い、「札幌市手稲区」です。あんな場所でまさか、豪快な定食が味…

激辛のうえに大盛りって勘弁してください!「味の三平」のラーメンに震えて挑む

こんにちは、メシ通レポーターの裸電球です。 北海道旭川市から、激辛なうえに、大盛りという驚愕の一杯をご紹介します。 昭和46年創業の老舗、「味の三平 神居本店」1番評判のメニューは、そこらの「激辛」とはワケが違います。 ギブアップする人が多発、あ…

北海道の味覚が詰まったオリジナル料理「北のいもっぺ」はいかが?広がる旨味、何が入っているか見抜けるか

北海道の魅力は数々あれど、「グルメ」が楽しみで旅行する人は多いでしょう。新鮮な魚介類に美味しい野菜。まさに食の宝庫と言えます。そんな北海道の味覚がギュッと詰まったメニューが旭川市にあります。一度聞いたら忘れられない「北のいもっぺ」というネ…

それ…何ですか?思わず聞き返してしまうラーメン! その名も「モルメン辛いの」【北海道】

今夜は焼肉にしようか。それともラーメンにしようか。ああ、なんて幸せな悩みでしょう。どっちも食べたくて決められないという、優柔不断な食いしん坊さんにこそオススメのメニューが、北海道・旭川市にあります。 その名も「モルメン辛いの」というフワリと…

ギョギョ!麺が紅に染まっている!美唄市の名産品を贅沢に使った「ドラキュラパスタ」

キラリと光る牙。今宵も生き血を求めて、街へと繰り出すドラキュラ伯爵。若い娘を見つけて、へっへっへ。首元をガブリとやりますか。 いやいや、そんなことしなくても。北海道美唄市の喫茶店には 恐ろしい色に染まったパスタ があります。どこから見ても真っ…

味の幸福買いませんか?炭鉱社員に愛された老舗ラーメン店 特盛もやし&オレンジ色に輝くスープ!

「味の幸福を売る店」というキャッチコピーが目をひくお店が、北海道岩見沢市にあります。この界隈は昔、炭鉱で栄えたマチ。 鉱山で汗を流し、命がけで働く人たちはいつも腹ペコだったといいます。 「もっと量を多くして」 そんな要望に応えていくうちに、サ…

これ……牛肉じゃないんですか!? 北海道で「エゾ鹿」を様々な料理で味わえるレストラン

いきなりですが、 『鹿、食べると最高にうまいです』 ということで今回の舞台は道北のマチ、鷹栖町に行ってきました! 鹿肉の解体業者がすぐ横でレストランを開いているそうなのです。 その名も「山恵」。 こんなお店は全国的にも珍しいはず。早速調査してき…

トップに戻る